PLATFORM

HOMEPLATFORM

創薬戦略・概念「ibVIS」に基づくプラットフォームでmRNA標的創薬を実現 創薬戦略・概念「ibVIS」に基づくプラットフォームでmRNA標的創薬を実現

私たちVeritas In Silico は、mRNA上に創薬標的となる部分構造を発見するインシリコ技術(Informatics)と、その標的構造を検証し化合物スクリーニングを実現する実験技術(Biology)を併せ持つことによって、mRNAを標的とする中分子創薬(アンチセンスオリゴによる創薬) および低分子創薬を実現します。

mRNAは、アンチセンスオリゴ(ASO)やsiRNAの創薬標的として、タンパク質と並んで非常に重要な生体高分子群です。
近年、標的分子の枯渇が指摘される中、mRNAは新たな創薬標的として、タンパク質と同等もしくはそれ以上の数の標的を供給できる可能性があると認識され始めました。しかし、タンパク質はその立体構造が精密に研究され、標的とすべき構造を定めて医薬品(分子標的薬)が創出されてきたのに対し、mRNAの構造研究は全く進んでいませんでした。

mRNAの構造研究の難しさは、そもそもmRNAが様々な形をとり一つの形に定まらないことにあります。私たちは、様々な形をとる物質の構造を統一的に解析する理論を構築し、統計熱力学をベースとした独自のインシリコ技術「MobyDick」により、mRNA中に存在する無数の部分構造の存在確率で解析することに成功しました。これにより、あらゆるmRNAについて部分構造を標的とする医薬品の創出が可能になりました。

さまざまな創薬のニーズに最適解を提供する切れ目のないシステム さまざまな創薬のニーズに最適解を提供する切れ目のないシステム

mRNA標的創薬は、複数の必須技術の集合体が、機能的かつ有機的に切れ目なく働く「システム」として利用されることで達成されます。
私たちは、mRNA上に創薬標的となる部分構造を発見するインシリコ技術「MobyDick」、部分構造に対してASOや低分子化合物スクリーニングを実現する実験技術、RNA-化合物複合体の3次元構造解析結果を用いた化合物最適化にいたる全システムをプラットフォーム技術として保有し、パートナーと共同で医薬品を創出します。

私たちのmRNA標的創薬を実現する「ibVIS(アイビス)」プラットフォームは、大きく中分子創薬(ASO医薬)と低分子創薬の二つの顔を持っています。MobyDickにより同定した部分構造のうち、存在確率が高く安定な部分構造は低分子化合物の創薬標的となる一方、存在確率が高く不安定な部分構造はASOの創薬標的とすることができます。

mRNAを標的とした医薬品モダリティとしては、ASOとsiRNAがこれまでに上市されています。しかし、製造コストが高い中分子医薬品は希少疾患向けとしては医療経済上好ましいものの、通常の疾患に対しては製造コストの低い低分子医薬品の創出が望まれます。
「ibVIS」プラットフォームでは、希少疾患に対してはASO、通常疾患に対しては低分子医薬品を最適解として、あらゆる創薬ニーズに応えられるシステムを備えています。

Science Advisers

日本のRNA構造研究の英知を結集し革新に挑む 日本のRNA構造研究の英知を結集し革新に挑む

私たちのプラットフォーム技術は、RNA構造研究分野等で特筆すべき研究実績を持つアカデミアの研究者など、日本の英知を結集したチームに支えられています。私たちはこの優れたチーム体制の下、進歩が著しいRNA研究の最新鋭技術を常に取り入れることで、プラットフォーム技術のさらなる革新にも挑み続けています。

Publication

論文・学会発表

RNA-targeted small-molecule drug discovery: screening and interaction analysis
Amiu Shino, the 37th Medicinal Chemistry Symposium, Tokyo on November 27-29, 2019
Venturing into the untapped: Discovery of small-molecule drugs targeting Messenger RNAs using biophysical and computational methods
Ella Morishita, the 7th NovAliX Conference on Biophysics in Drug Discovery, Kyoto on November 13-15, 2019

特許

国際公開番号:WO2019/177103
2019年9月19日 発明の名称「RNAの機能を制御する化合物のスクリーニング方法」に関する国際出願公開
国際公開番号:WO2019/044974
2019年3月7日 発明の名称「スモールガイドアンチセンス核酸とその使用」に関する国際出願公開