ABOUT

HOMEABOUT

先進的な創薬研究であたたかい社会の実現を 先進的な創薬研究であたたかい社会の実現を

どんな疾患の患者さまも適切な治療が受けられるように どんな疾患の患者さまも適切な治療が受けられるように

私たちVeritas In Silicoは、インシリコ(コンピュータを利用する計算科学)技術を基盤として、生命の起源であるRNAの真の姿を探究することにより、メッセンジャーRNA(mRNA)中の部分構造を標的とする全く新しい概念の創薬システムを確立しました。このmRNA標的創薬は、従来のタンパク質を標的とした創薬では治療薬の開発が困難であった疾患を含め、あらゆる疾患に適用できる潜在性を秘めています。ゆえに、製薬業界にパラダイムシフトを起こす次世代創薬の本命として、大きな期待が寄せられています。
どんな疾患の患者さまも、従来の創薬では治療薬がないと諦めたり、最適な治療が受けられないと嘆いたりすることのない、そんな希望に満ちたあたたかい社会を次世代創薬による医薬品で実現すること。それが私たちの使命です。

創薬のフロンティアを切り開く先駆者として 創薬のフロンティアを切り開く先駆者として

私たちは、インシリコ技術(Informatics)と実験技術(Biology)を掛け合わせたプラットフォーム技術により、mRNA中の部分構造に作用する医薬品の創出を可能にします。Informatics × BiologyでmRNA標的創薬を実現するVeritas In Silicoの創薬戦略「ibVIS(アイビス)」に基づくこのプラットフォームを、私たちは「ibVIS」プラットフォームと名付けました。
「ibVIS」プラットフォームの最大の特長は、それぞれの企業さまがこれまでに蓄積してきた創薬技術および経験、既に保有している化合物ライブラリーなど豊富な創薬インフラをそのまま活かし、無限の可能性を秘めたmRNAを標的として全く新しい創薬に取り組めることにあります。
今まさに創薬のブルーオーシャンに乗り出だそうとする企業さまのパスファインダー(Pathfinder)として! 私たちはibVISのもと創薬のフロンティアを切り拓きます。

社名の由来

Veritas In Silico

(ウェリタス イン シリコ)

ラテン語の格言である「in vino veritas(ワインの中に真理がある)」に由来し、インシリコ(コンピュータを利用する計算科学)の助けによって、人が真理(ウェリタス)に気づくことを示しています。
この社名により、インシリコ技術を使った演繹的なInformaticsで真理に近づき、実験的検証というBiologyで真理を実証してmRNA標的創薬を実現するという、私たちの強みを表現しています。

Company Profile

会社名 株式会社 Veritas In Silico
所在地 本社 〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目11番1号
新川崎研究所 〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC内
新潟研究所 〒956-8603 新潟県新潟市秋葉区東島265-1 新潟薬科大学内
設立 2016年11月17日
従業員数 12名
事業内容 mRNA標的中・低分子創薬を実現するプラットフォーム事業
株主 三菱ガス化学株式会社
新生キャピタルパートナーズ株式会社
三菱UFJキャピタル株式会社
日本ベンチャーキャピタル株式会社
みずほキャピタル株式会社
新生企業投資株式会社
SMBCベンチャーキャピタル株式会社

Board Member

代表取締役 中村 慎吾
取締役 上村 孝
取締役 松岡 弘之
社外取締役 茅野 義弘(三菱ガス化学株式会社)
社外取締役 藤波 亮(新生キャピタルパートナーズ株式会社)
社外取締役 長谷川 宏之(三菱UFJキャピタル株式会社)
社外取締役 小南 欽一郎
常勤監査役 鈴木 貞雄
監査役 廣岡 穣(廣岡公認会計士事務所)

かわさき新産業創造センター(KBIC)

新潟薬科大学

History

2016.11

Veritas In Silico 設立

インシリコ技術を基盤としたmRNAの構造解析をもとに、mRNA標的中分子創薬(ASO)および低分子創薬を実現する目標に賛同する4人の株主により東京都渋谷区に設立された。
設立当初より、中分子医薬品の研究開発に対して三菱ガス化学株式会社(MGC)からの協力を得て事業の具体化を図った。

2016

2017.5-8

シリーズA資金調達の実施

MGC およびベンチャーキャピタル3社から出資を受けシリーズAファイナンスをクロージングし、本店を東京都品川区に移して本格始動した。

2017

 

中分子創薬事業に注力

代表的な中分子医薬であるアンチセンスオリゴ(ASO)に加え、従来型の核酸医薬品の半分以下の鎖長で効果が期待されるsgASO医薬品の研究、すなわち中分子創薬事業に注力した。

 

2017.7

新潟薬科大学に研究拠点設置

sgASO分野の第一人者である梨本正之教授が所属する新潟薬科大学(新潟市秋葉区)に研究の拠点を置いた。

 

 

中分子創薬事業に加えて低分創薬事業にも注力

米国では、「核酸を標的とした低分子創薬」を志す企業が勃興し始めた。VISは、「mRNAを対象とする低分子創薬事業」についても早期に取り掛からねば機を逸すると判断し低分子創薬事業にも注力することを決定した。

 

2017.10

本社オフィスの移転

本社を現在の東京都品川区のオフィスに移転した。

 

2018

パートナー企業と低分子創薬事業開始

2018年から、低分子創薬事業においてパートナー企業との共同研究を開始した。

2018

2018.4

新川崎に研究所設置

新たに新川崎KBIC(川崎市幸区)に低分子創薬事業のための研究所を設置した。

 

2019.3-4

シリーズB資金調達の実施

低分子創薬事業にも注力する事業方針の転換を行うに際して、株主の意向を確かめるシリーズBファイナンスを実施。既存の株主に加えて新たにベンチャーキャピタル3社から出資を受け、中分子創薬事業に加えて本格的に低分子創薬事業を執り行うこととなった。

2019

2020

中・低分子創薬事業で共同研究を実施中

公開および非公開企業5社以上と中・低分子創薬事業で共同研究を実施中。

2020